※現在募集中の、新企画はこちら

この前バンドやってる友達に
「ライブあるから見に来てよ!」って言われて、
実際に池袋の小さなライブハウスにいってきたんだけど

そこで感じたのは、
「ライブMCって難しそうだな」ってことだった。


曲を演奏している時は、
演奏者とオーディエンスのどっちも曲に集中するわけだけど、
合間のMCは本当に”マイク1本”の勝負になる。

メンバー紹介とかはまぁ定番だけどさ、
フリートークともなるとかなり難しいと思わない?


今日はそんなライブMCから、
人を惹きつけるストーリーの魔力とコツについて書いていくぜ。

あの伝説のバンドのMC

俺は時間がある時にYouTubeで
アーティストのライブ映像とかみるんだけど、
やっぱ友達のバンドと音楽でメシ食ってるプロのMCは全然レベルが違う。


まぁYouTubeに上がってる動画だと、
ライブ映像っていってもMCから映ってるものはあんまりないんだけど、
この間たまたまMCからある動画を見つけた。

だからまずはこの動画を見てほしい
動画に飛びます


このMCはメンバー紹介とかじゃなくて、
曲が出来たストーリーを語ってる感じのものだ。


やっぱアーティスト側にしてみれば、一曲一曲に思い入れがあるはず。

この曲何故作ったのか?
どういう思いで作ったのか?
何がきっかけになったのか?


みたいにね。

いわゆる曲のストーリーってヤツ。


これは音楽だけじゃないよ。

1つの服だって、1つのモノだって、1つのブログ記事だって、
色々なものには”ストーリー”がある。

でもそれっていうのは殆ど語られることがないんだけど、
やっぱ語った方が相手の心に響くわけだ。


さっきの動画だって、
アノMCが有るとの無いのとじゃ聞いてる側の印象は全然違うはず。

それだけストーリーには人を惹きつける魔力がある。


だから次に、
「ストーリーの魔力を上手く使うコツ」について解説していく。


人を惹き付ける物語の法則

実は、人を惹き付けるストーリーには法則がある。

それは”神話の法則”って言われたりしていて、
ドラマとか映画とか小説とかなんでも、
人が見て「感動した!」っていうのにはこの法則が使われていたりする。

神話の法則―ライターズ・ジャーニー (夢を語る技術シリーズ 5)

まぁ詳しくはこの本を見てもらえばいいんだけど、
今日は簡単に解説していく。


まず、人を惹き付けるストーリーには順番がある。

簡単に順番を説明すると、

①日常
②冒険への誘い
③拒絶
④導き手の登場
⑤第一関門の突破
⑥仲間やライバルの出現
⑦最大の試練と挫折
⑧報酬を得る
⑨帰路
⑩復活
⑪報酬を持って帰還


みたいな感じになる。


アナタの好きな映画とかを思い浮かべて、
そのストーリーを追ってみるとだいたいこんな感じになってるはず。


詳しくはさっきの本を読めばいいから、
今回はさっきのライブMCに当てはめてみよう。

さっきのライブMCはこんな感じ。


「東京に出てきた時に17歳の女の子が学校をやめてついてきた」
「1万4500円くらいのボロっちいアパートに一緒に住んでた」
「バイトも全然ダメで彼女のヒモになって、彼女は他に男を作って逃げていった」
「(それを乗り越えた)おかげで素敵な曲が出来た」



やっぱちゃんとストーリーになってるんだよね。


人を惹き付けるストーリー作りのコツは分かっただろうか?


俺は今日の朝とか、
4時半前くらいに起きたんだけどこんな感じだった。


例:早起き物語

①いつも通りすやすやと寝ていたら、
②4時頃に目覚ましが鳴った。

③俺は、まだ起きたくないと思って目覚ましを止めた。

④そうするともう1人の自分が、
 「今起きたら充実した一日になるぞ」とささやいた。

⑤そんな葛藤の末なんとか起き上がり、とりあえず外を散歩することに。


⑥ちょっと外に出ると、
 同じように朝から活動している人たちを見かけて、
 なんだか元気になってきた。


⑦散歩を終えてシャワーを浴びると、
 安心したのか急に二度寝したい気持ちが湧き上がってきた。

 「やばい、寝てしまいそうだ・・・」

 その気持ちに負けてしまい、
 布団にまた横になろうかと思ったが、

⑧「俺にはやることがたくさんあるんだ!」

 そう思い直して、気合いを入れて外に出て仕事をすることにした。


⑨外に出て仕事をするも、やっぱりまだ眠い。

⑩だけど、
 「せっかく俺はここまでたどり着いたんだ」と気合いを入れ直し、
 暖かいコーヒーをすすりながら気合いを入れブログを書く。


⑪そんな眠気との戦いに勝利し、こんなに良いブログ記事が書けたぜ!!

みたいな(もちろんノンフィクション)


簡潔にまとめると、
「眠かったけど早起きしてブログを書いた」
って話なんだけど、

こうやって”神話の法則”を使うとちょっとした物語になる。


アナタも自分のストーリーを語る時に是非活用してみて。


さらに、
こちらの記事は必ず読んでほしい。
>>集めたい人を集めるストーリーの作り方をていねいに

※現在募集中の、新企画はこちら
ビジネス, 情報発信】の最新記事
  • コミュニティ運営のコツ|組織における5つの発達レベルとは?
  • gazou
    「結果を出す人」に近づく為の5つのステップ
  • 情報発信ビジネスにおける時代を捉える大切さ
  • なぜ、意識高い系の大学生は起業しても結果が出ないのか?
  • 情弱じいちゃん
    ズブズブの情報弱者にならないための対策とは?
  • 幻影旅団
    ハンターハンターの幻影旅団は脆い!その理由と組織の強さ
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。